資格取得のメリット

介護福祉士の資格取得

介護福祉士の資格を取った時は

介護系では唯一の国家資格である介護福祉士。合格すれば今までやってきた仕事の業務内容とは違う仕事を任せられるの?と疑問に思う方は多いでしょう。まずは施設や状況によります。現場によっては今まで通り、身体介助や日常生活のサポートで終わるかもしれませんが、介護福祉士はそれ相応の知識、経験、医療行為が認められているので様々なバリエーションがあります。利用者全員が楽しめるレクリエーションを行う・同じ現場で働いているスタッフや利用者の相談相手になる・介護スタッフチームの統括リーダーになるなど活用できる場面は多数用意されています。キャリアアップを目指している方には登竜門となる資格、もし新しい事に挑戦したいのなら自分から今の職場の上司に相談するなど、活用する先を見つける事も大切です。

介護福祉士資格取得のメリット

介護現場のプロフェッショナルである介護福祉士は介護職のなかで専門性を発揮することのできる国家資格です。そのため全国どこに行っても即戦力として期待されますし介護職のなかでもリーダーとして能力を発揮していくことになります。また転職する際も生活相談員やサービス提供責任者といった職種にキャリアアップすることも可能ですし、資格を持っていることで介護福祉士の加算手当が毎月の給与に上乗せされるため年収もアップすることになります。今では独学で学習するよりも安価な利用料で通信講座を活用するほうが一発合格への早道とされているためおすすめです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 介護福祉士の資格で出来ること All rights reserved