資格を取る有用性

介護福祉士資格の需要とは

介護福祉士は需要の多い資格です

介護福祉士は介護のプロとされる国家資格で介護職のなかでもリーダー的な役割をもちます。少子高齢化の影響により高齢者を支えるための介護職の人材不足が叫ばれていますが、この問題を解決するためにも介護福祉士に求められる役割は大きく様々な施設で需要があり、また資格取得のための支援やサポートが拡がっています。また専門職として利用者さんの人権を尊重し安心して日々の生活を送ってもらうために他のスタッフと協力し、必要であれば指導を行うなどますます需要は高まるばかりです。介護は利用者さんの人生にそっと寄り添うことのできる素晴らしい場所であるといえます。

介護福祉士を資格のポイント

介護資格系で唯一の国家試験である介護福祉士はこれから年々増加していく高齢者へのケアや需要にとっても避けれない、仕事・知識共に大切で重要な役割をもつ存在です。受験するには実務経験三年・介護職員実務者研修修了済みというやや厳しい条件(働きながら学ぶのなら後者は尚更です)が必要ですが、合格した時の見返りも相応にかえってきます。この資格に合格すると、医療行為の一つであるたんの吸引が出来る様になります。現場での医療行為はプロの医者や看護師以外ではなかなか認められない為、これだけでも仕事をする充実感や苦労して介護福祉士を取得した甲斐、自分の努力が結果を実らせたという満足感が得られます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 介護福祉士の資格で出来ること All rights reserved