資格を取るためには

福祉に関わる介護福祉資格

福祉職介護福祉士の資格について

超高齢社会が進む中、要介護者は増える一方で介護をする人口は減りつつあります。そんな中、介護福祉士のは仕事をしながらでも取得できる魅力的な資格の一つです。福祉の世界の基礎となる介護福祉士は、次につながる介護支援専門員や社会福祉士などの取得にも役立ちます。現場での実務経験は3年間必要ですが、ステップアップしながら国家資格を取得できることが魅力ですが、年々試験合格と別に特定の講習会を受けることが求められています。それはより高い専門性と資質の向上が求められていることになります。ニーズの高まるこの業界において新たな世界を切り開くことができるのは介護分野のプロフェッショナルなのです。

介護福祉士を受講する際は

年々ニーズが増えている介護系の仕事ですが、この仕事に長く就きたい・キャリアアップを目指したい方にとって避けて通れない資格が介護福祉士です。取得には多少の苦労も伴いますが取って損はないと言えます。経験だけではなく医療知識も求められる介護福祉業界で重宝される理由は、2016年から制度が変わって今までなら実務経験が三年あれば誰でも受験できましたが、旧ホームヘルパー1級にあたる介護職員実務者研修を取得している事が受験条件に加わった事で、安心信頼できる介護福祉士がより誕生されるという結果になったのです。介護系資格の登竜門で唯一の国家試験、制度が年々変わると思われるので取りたいと思ったらまずはスクールへの資料請求や講座説明などを調べてみましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 介護福祉士の資格で出来ること All rights reserved