資格のメリットと実務

介護福祉士の資格で出来ること

介護福祉士の資格と実務

介護福祉士はこれからますます求められます。資格の重要性が認識され、介護のプロとしての専門知識と技術が必要になります。実際の業務である実務は、介護施設等で学び信頼されるようになることが大切です。介護福祉士の資格は、就職、転職、再就職においても高く評価されます。高齢化社会での需要が高まり、一度取得すると生涯役に立ちます。実務で大切なことは、介護する人とのコミュニケーションをスムーズに行い、気配りを怠らないことです。待遇面も現在は、改善されています。責任のある仕事であることを自覚し、取り組み活躍できます。

介護福祉士の資格について

現代では、少子高齢化が進み高齢者の介護が問題となってる今日で、介護福祉士は、福祉施設での需要が多く、福祉の専門知識やコミュニケーション能力も要求される、難易度の高い国家資格です。受験資格には、福祉系の学校のカリキュラムを修了し卒業した人や実務経験が3年以上あり、450時間の実務経験修了者が対象です。特別介護老人ホームや介護老人保健施設などの福祉施設の増加に伴い、就職率は高いのですが、一般的に賃金が安く過酷な労働条件で離職率も多いのも特徴です。しかし、介護のスペシャリストとして、社会に奉仕できる、やりがいのある職種でもあります。

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 介護福祉士の資格で出来ること All rights reserved